過敏性腸症候群に効くサプリはある?おすすめは乳酸菌でした!

過敏性腸症候群 サプリ

過敏性腸症候群には4つタイプがあると言われます。

 

・下痢型
・便秘型
・混合型
・ガス型

 

どれをとっても恥ずかしくて相談しにくいタイプですね。過敏性腸症候群は、ストレスや胃腸炎などをきっかけに腸内の菌バランスが乱れてしまうことが原因といわれます。腸の働きが強すぎてしまったりして便の状態が悪くなったり、ガスが発生するのです。過敏性腸症候群の専用薬や下痢止め便秘薬で対応しますが、副作用がでることもあります。

 

最近の研究では、プロバイオティクスが症状を改善することが分かっています。乳酸菌やビフィズス菌は、悪玉菌の増殖をおさえて腸内環境を整えてくれます。ここでは、過敏性腸症候群の方におすすめの乳酸菌やビフィズス菌のサプリをご紹介しています。ずっとお腹の調子が悪いという方、腸内環境を変えてみませんか。

 

ヘルスエイド ビフィーナSの特徴

ビフィズス菌を30年間研究しつづけてきた森下仁丹のビフィーナシリーズから、ビフィズス菌が生きて届くタイプが登場。独自開発のカプセルで胃酸に弱いビフィズス菌をしっかり守って腸へ届けます。1日1包の中には、乳酸菌とビフィズス菌だけでなくエサとなるオリゴ糖も配合。生存率90%のビフィズス菌が乳酸菌とともに腸内環境を整えて、便の状態をよくしてくれます。爽やかなレモン風味で水なしでもOK。機能性表示食品。

価格 2,980円
評価 評価5
備考 生存率90%のビフィズス菌と乳酸菌

 

花菜の選べる乳酸菌の特徴

1つの乳酸菌では不安という方のために作られたサプリです。ひとつは、フェカリス菌やラブレ菌など5000億個もの乳酸菌が入ったタイプ。もうひとつ乳酸菌やビフィズス菌などナノ型乳酸菌が入ったタイプ。2つのサプリを交互に使うことで、いろいろな乳酸菌がしっかりお腹を整えてくれます。1日2粒。オリゴ糖入りで乳酸菌をしっかり増やしてくれます。

価格 1,980円
評価 評価4
備考 5000億個もの乳酸菌・ナノ型乳酸菌

 

乳酸菌革命の特徴

16種類の乳酸菌が配合されたサプリです。乳酸菌の数でなく、種類に着目して作られています。ラブレ菌やガセリ菌などの乳酸菌にビフィズス菌がバランスよく入っています。耐酸性カプセルを採用して胃や胆汁から乳酸菌を守っているので、乳酸菌がよい状態で腸へ届きます。1日2粒。善玉菌のエサとなるオリゴ糖も一緒に摂れます。

価格 2,730円
評価 評価3
備考 16種類の乳酸菌

 

過敏性腸症候群が辛い…そんな方に乳酸菌のサプリがおすすめ!

 

もしも今、過敏性腸症候群を抱えている人がいたら、ぜひ乳酸菌サプリメントを摂ってみてください。乳酸菌は過敏性腸症候群に効果的だと言われているからです。

 

●どうして過敏性腸症候群に乳酸菌がいいの?
過敏性腸症候群の人には乳酸菌サプリメントがおすすめですが、それは乳酸菌に腸内環境を整える働きがあるからです。それだけでなく、ストレスに対する効果も期待されます。しかしこれだけでは少し分かりづらいですよね。ストレスや腸の関係についても知っておきましょう。ストレスがたまると、腸はその影響をかなり受けます。ストレスは腸にとってもよくないので、ストレスを察知すると腸は働きがにぶくなってしまいます。そうなると腸内には悪玉菌が増えてしまい、免疫力は一気に低下してきてしまいます。そしてだんだん下痢や腹痛、便秘を繰り返すようになってしまい、過剰なストレスによって腸の機能が落ち、過敏性腸症候群になってしまうのです。

 

●ストレスを寄せ付けないためにも乳酸菌
乳酸菌で腸内環境が整っていけば、ストレスに対する耐性を育てる事が出来ます。ストレスに対する耐性を整えるためにも、乳酸菌たっぷりのサプリメントやヨーグルト、発酵食品などで腸内環境を整えてあげるといいでしょう。乳酸菌サプリメントを飲んだからといって、症状がすぐに改善されるわけではありません。今ある便秘や下痢を今すぐ何とかしたいと考えた場合には、病院で処方される薬を使うのが一番でしょう。症状に対するストレスも過敏性腸症候群を悪化させる原因となります。病院の薬を飲んで症状を抑えながらも乳酸菌を腸内に増やしていき、腸内環境を整える手段として乳酸菌サプリメントを利用してみてください。

 

過敏性腸症候群の原因は?

 

過敏性腸症候群は、健康状態が悪化している警告でもあります。特に長期間過敏性腸症候群の症状が続いている人は注意しましょう。病院で検査してみても腸の様子がおかしくて病院で検査してみても、何も異常なしと言われる事がありますが、下痢や便秘を繰り返していたなら何か特別な治療が必要です。

 

●過敏性腸症候群の原因って何?
過敏性腸症候群の原因はいまだはっきりしていません。しかしストレスが原因の一つであるのは間違いないでしょう。大きなストレスがかかってしまうと、脳からストレスホルモンが分泌されて、腸の働きが悪くなってしまうと言われています。社会人にもなると、仕事で大きなストレスを感じてしまう事も多いでしょう。ストレスホルモンの分泌と腸の異常な動きが繰り返されてしまうと、やがて腸は知覚過敏になってしまいます。そして知覚過敏になった腸は、わずかな刺激でも強い症状が出てしまうのです。これが過敏性大腸症候群のメカニズムの一つでもあります。

 

●ストレスをためこみやすい人が過敏性大腸症候群になる
現代はストレス社会と言われています。生きていれば大なり小なりストレスを感じるでしょうが、ストレスを感じているからといって、必ずしもみんな過敏性大腸症候群になるわけではありません。過敏性大腸症候群を発症しやすいのは、ストレスを我慢してしまうタイプの人です。

 

ストレスを感じていても、それを発散する方法を知っていればためこむ事はないのですが、ストレスをうまく発散出来ない人もいます。悲しいことやつらい事があっても、それを表面に出さずに笑顔でいるタイプの人は、ストレスもやはり溜まりやすいでしょう。そしてその溜まったストレスが腸の異常サインとして出てくるのです。過敏性大腸症候群は、今まで我慢してきたストレスが爆発した状態とも言えるでしょう。

 

過敏性腸症候群を治すには?

 

過敏性腸症候群の症状を改善していくにはいくつか方法があります。異状がないとは言っても、便秘や下痢をくり返していれば腸は弱ってきてしまいます。

 

●刺激的な食べ物は控える
腸を刺激するような食べ物は避けましょう。辛いものや脂っこいもの、酸味の強いものなどは出来る限り避けましょう。またストレスがたまると暴飲暴食してしまう人もいますが、そのような食べ方も腸によくありません。夏は冷たい食べ物が冬は熱い食べ物が恋しくなる時期ですが、極度に温度の高い、低い食べ物も腸に刺激を与える原因となってしまうので気をつけましょう。

 

●ストレスの原因を探る、解消する
ストレスが引き金で過敏性腸症候群になってしまいます。しかしいくら薬で症状が和らいだとしても、ストレスをためこむ癖が治らなければまた再発してしまう可能性があります。
そのため、多少時間がかかってしまったとしても原因をしっかり探しましょう。ストレスをためこまない事が大切です。友人や家族に協力してもらえない場合には、カウンセリングを利用してみるのもいいでしょう。

 

○薬で改善する
過敏性大腸症候群はメンタルが原因になる場合が多いです。そのため症状だけ緩和したとしても、それは根本的な解消にはなりません。精神科や内科で気持ちを落ち着かせる薬を処方する事もあるでしょう。また心療内科で治療を受けるように勧められる事もあります。ストレスが少なくなって精神的にもリラックス出来ると症状も和らいでくるはずです。

 

過敏性大腸症候群の場合は下痢や便秘で腸が疲れてしまっているケースも多いですが、整腸剤や便秘薬でまずは腸の調子を整える治療をしていくといいでしょう。また便秘薬や整腸剤を処方されると、これで辛い症状から解放されるとほっと一安心する方もいるはずです。

 

過敏性腸症候群に対する乳酸菌の効果は?

 

過敏性腸症候群には乳酸菌がいいと言われています。それではどのような効果が実際に期待出来るのでしょうか。ご紹介していきましょう。

 

●緊張すると腸が痛くなる!それは過敏性腸症候群?
緊張すると腸が痛くなる、大事な予定が入っているとその前に下痢と便秘を繰り返してしまうというあなたは、過敏性腸症候群で辛いでしょう。過敏性腸症候群になると、腸や胃に何か問題がある場合もありますが、一般的には過敏性腸症候群です。

 

胃と腸は脳と神経がつながっていて、同じ神経をたどっているケースも多いです。しかも自律神経と脳はつながっているので、緊張やストレスをためこむと、脳から緊張状態による精神的な症状が胃腸の神経に直接伝わってしまいます。こうなると胃や腸の働きも鈍くなってしまい、下痢や便秘を引き起こしてしまいます。そして結果的にガスがたまり、過敏性腸症候群は普通の生活を送っている人にとっては不便になってしまうでしょう。緊張状態に陥ってしまうと、トレイにばかり行って大事な話が出来なくなってしまう人もいます。そして過敏性腸症候群に効くものというと、薬では難しいものがあります。それは過敏性腸症候群の原因はストレスでもあるからです。

 

●些細なストレスで腸が敏感になってしまう過敏性腸症候群
過敏性腸症候群は、一度その病気になってしまうとちょっとしたストレスでも胃腸の様子がおかしくなってしまいます。となると胃を強くする方法があれば、それを実践するべきでしょう。胃腸を活発に活動させるには乳酸菌を摂取する事です。腸内環境を整える作用があり、腸内を酸性に保つ事で悪玉菌の増殖が抑えられ、さらにウイルスの感染にも強い腸や胃を作る事が出来ます。

 

ただし同じ乳酸菌でも、ヨーグルトのものでも腸に届く前に死滅してしまうものがあり注意が必要です。出来れば有胞子乳酸菌を含んだものやたくさんの善玉菌を含んだ乳酸菌飲料を飲むといいでしょう。それでも効果がなければ錠剤やサプリメントタイプの乳酸菌商品を服用してみるのがおすすめです。

 

過敏性腸症候群サプリの口コミ

 

過敏性腸症候群を克服するために過敏性腸症候群サプリを利用する人もいます。そのような方からの口コミは、どのようなものなのでしょうか。ご紹介していきます。

 

●乳酸菌サプリを利用した人の口コミ
「本当はサプリメントに頼るのは気が進まなかったのですが、過敏性腸症候群には乳酸菌がいいという情報を聞きつけ、乳酸菌サプリメントで人気の「善玉菌のチカラ」を利用してみる事にしたんです。たくさん調べてみると、下痢も腸内環境も乱れているので、それを改善するためにも乳酸菌パワーが必要だという事が実感出来ました。乳酸菌サプリであれば、食品からでなくて錠剤で摂れるので、気軽に摂取出来るのがいいです。一日に2粒と書いていましたが、私は毎日夕食後に1粒飲んでいました。(2粒飲んでいる人のが多いですが)乳酸菌サプリメントは決して安くないので少しケチってしまいましたが、特に下痢がひどかったのですが、下痢の症状がとまってきました。善玉菌のチカラを始めてから最初の一週間は、ほとんど効果を感じなかったのですが、一週間過ぎたあたりから食後のお腹の痛みがなくなってきた事に気づいたんです。途中でやめようかと思った事もありましたが、日に日に善玉菌の力の効果が出てきてやめられなくなってしまいました。トライしてみてよかったです。」

 

「慢性的な便秘でずっと悩んでいました。でも乳酸菌サプリのおかげでだんだん改善されてきているような気がします。それからはヨーグルト、腸もみ、乳酸菌サプリメントを基本として、過敏性腸症候群のケアにあたっています。そのおかげか時々出ない日があるにしても、最近はほとんど毎日快腸です。こんな事は前の自分の生活では考えられなかったので、乳酸菌サプリメントはやっぱりすごいなと思います。」